TOPページに戻る

躰道とは?

躰道(たいどう)は、祝嶺 正献(しゅくみね せいけん)という空手家が空手の一派「玄制流」を母胎として1965年に体系化した新しい武道です。

「体軸の変化によって攻防を展開する」武道で、あらゆる三次元的動作が取り入れられた魅力的な攻防が特徴です。

躰道には「体軸の変化」として「5つの操体」があり、それらを利用した「3つの競技」が存在します。

「5つの操体」とは?

体軸をコマのように回転させることで、急所である体の前面を守りながら、回転の勢いを技に乗せて攻撃します。

体軸を立てたまま、ジャンプなど上下の動きで相手の攻撃から身を守りつつ、技に勢いを加えて攻撃をします。

体軸を勢いよく倒すことで、相手の攻撃を躱(かわ)しつつ、その勢いを利用して技を繰り出し攻撃します。

体軸を渦のように捻る動作を利用して攻撃を繰り出したり、相手を絡み倒します。

前転・側転・バク転・バク宙などにより体軸を縦方向に回転させることで、急所を隠しつつ、さらにその勢いを乗せて攻撃します。

「3つの競技」とは?

―技術と気迫―

「法形」とは、空手でいう「型」にあたるもので、決められた筋の中で躰道を表現します。「型にはまる」のではなく、選手ごとに表現の仕方を工夫していく競技であることから、「型」ではなく「法形」と呼ばれています。

大会では、個人で法形を通し美しさや表現を競う「個人法形競技」と、シンクロナイズド・スイミングのように5人1組で法形を通し調和性を競う「団体法形競技」があります。

5人1組となって行う団体法形では、チーム全員が呼吸を合わせて同じ動作をするため、技術と気迫に加えて5人の一糸乱れぬ調和も重要となります。

―強さと戦略―

「実戦」とは、躰道の技を使って実際に戦う競技で、空手でいう「組み手」にあたります。戦うといっても技は制御し、いわゆる「当て止め」=「ライトコンタクト」で行います。

判定は2人の審判によって、柔道と同じように「有効・技有・一本」で判定します。ただ突き蹴りを相手に当てればポイントになるというわけではなく、

  • 操体を用いた完全防御ができているか
  • 突き蹴りが有効な部位に当たっているか
  • 技を施したあと、反撃されない間合いまで距離をとれているか

等々を審判が見て、無効技~一本技の判定をします。

大会では個人で戦う「個人実戦競技」と5人1チームで戦う「団体実戦競技」があります。

―創意と構成―

躰道を一番ダイナミックに見せているのが、この「展開」かもしれません。

展開とは、主役1人が襲いかかる脇役5人を次々と倒していくという、ヒーローショーのような競技です。脇役の選手には1~5の番号が振られており、それぞれ「旋・運・変・捻・転」の技を主体として演武します。

展開の構成は決められておらず、各チームごとに考えるので、チームによって様々な筋を見ることができるのも、展開競技の魅力の1つです。

勝敗は主役を見る主審と、脇役一人一人を見る副審5人の採点によって決められます。

  • 脇役の技は主役を捉えているか
  • 平面上だけでなく、3次元空間を使った構成ができているか
  • 操体が自然な流れで繋がって技になっているか
  • 主役が脇役を倒す技は、一本をとれる有効な技になっているか

等々、様々な要素を判定し、得点が決まります。

お問合せ

お問い合わせはtoudaitaidou★gmail.comまでお願いします。(★を@に変えてください。)

また、特に新歓に関するお問い合わせはuttcshinkan2017★gmail.comまでお願いします。

東大躰道部公式SNS

東大躰道部のタイムリーな情報は各SNSをチェック!

リンク集